愛犬ロッティと我が家の珍道中。白いM.シュナウザーロッティ『Lotti』(平成25年11月23日生)とルル『Lulu』(平成27年05月14日生)と家族の日々の事を書いていきます。ロッティLottiとはドイツ語で『自由な者』と言う意味です。Luluとはドイツ語で『大切、平和』と言う意味です。ペンネームは敢えてRottyとしてます。間違いではないので悪しからず。気楽に覗いてくださいな!!!


by ロッティママ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

重い話なので読みたい方のみ読んでください

かぁちゃん、徐々に復活しています。

c0348784_11364528.jpg



僕達はお散歩に行けなくても、二人でお庭で遊んで居るから大丈夫だよー!!

このblog、書くか書かないでいるかかなり悩んだのですが。
一つの症例として、この位の事で大騒ぎをして欲しくない気持ちも有りまして。

今の世の中ちょっとした事で大騒ぎになりますからね。

確かに辛かったし、悲しかったし、自由も奪われ、精神的なダメージは大きかったです。
家族にも迷惑がかかり、仕事にも迷惑がかかりました。

休み明けの仕事は儘ならず、寝てばかり居たので動きも直ぐには戻らず、自分の足では無いもので歩いている気分でした。

悔しい思いも沢山しました。

でも、これを読んでくれた皆様の中に何か少しでも残ってくれれば、何かの役にたつのであればと思い、書く事にしました。

なので、病院名は出しません。

読みたい方のみ読んでください。




amebablogにはこちらから行けます


にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ





今回の概要は。

2月25日(木)
右腕が動かすと痛くて、仕事がきつい。
午後半日貰って病院に行くものの。

そこの病院では予約をして行ったのにも関わらず(午後一番3時)
1時間経っても呼ばれない。

確認するとカルテが回ってない!!031.gif

そして問診に30分。

頼んでもいない電気治療に15分。
(先生の指示でもない)

さらに待たされ、30分。

やっと診察。もう5時近くでした。

先生から注射の指示が出たものの点滴になるので1時間位かかるので今日は遅いから打てない。(夜には大事な予定が有ったので)

看護師…もう少し早く来てくれれば。

ですって。

午後一番に来て待っているわよ!!

流石の私もキレました。

痛みも取れず、嫌な思いだけして、流石に次回の予約は取れないので病院を変えました。

ちゃんと料金は支払いましたよ。
先生の指示で無い電気治療の料金もしっかり入っていましたが。

謝罪の言葉も有りませんでした。

2月27日(土)
痛みと戦いながら、別の病院へ。

ここの先生上手だよと前々から知っては居たのですが、(木)がお休みだったので、泣く泣く諦めた病院なんです。

前の病院で診断された

『肋間神経痛』

伝えたらやはり同じ診断。

ブロック注射しましょうとなりました。

ただ、場所が悪くて。

c0348784_19174225.jpg

(前からの図)

私の場合◯の所が傷んでいて、

狙うは

c0348784_19174394.jpg

(背中からの図)

神経の枝分かれをしている根元。
◯の辺りね。

痛いところとは随分離れていますが根元ですから。

当然上の図でも分かるように真下には紙一重で肺と言う臓器が有りまして。

今回その肺に針がちょこんと当たってしまった訳ですね。

で、『気胸』(肺に穴が開く病気)を併発してしまい、

1週間程安静にしていなければならない事になってしまった訳です。

即入院でした。

(小さい穴なら安静にしていれば1週間位。病気で空いた穴ならもっとかかりますよ)

悲しくて、悔しくて、一晩中泣きました。
病院のベットでは眠れず、二晩頑張りましたが無理でした。

ミスした病院に居ることも辛くて。

先生に話をして自宅で安静にするので帰りたいとずっと訴えました。

眠れないならと言うことで、安静にする条件で自宅に戻りました。

その日の夜は死ぬほど眠ったー(笑)

何度か外来の診察に行きまして(主人が会社を休み連れて行ってくれました)やっと、やっと自由な生活を手に入れました(*´∇`)


その後、肺は復活しまして、普段通りと言いたいのですが、
まだ肋間神経痛の痛みは有りまして、(こっちの治療は進んで居ません)

まぁ、ゆっくり治して行きたいと思いますよ。

随分飛び飛びのお話しですが、簡単に言うとこんな感じです。

医療に携わっている方からみたら適当な説明だと思いますが、分かっております。

突っ込みは無しでお願いします。



はい、医療ミスでした。

ただ、慎重にやってなってしまった結果なのです。
医療費は病院持ちでとの事なので、訴えたりとかはするつもりは有りませんよ。

次回はもっと慎重にしてくれるだろうから、心配はして居ません。

本当は少し不安ですが(笑)

信用するしか無いです。

先生も悪くは無いです。
本当に良い先生なんです。

自宅に帰った私に毎日電話をくれ、謝罪の言葉と共に様子を聞いたりアドバイスをくれたり。

だから、信用しようと思います。

これから痛みの治療に入ります。

まだまだリスクと紙一重です。

毎回恐いかもしれません。

それでも、頑張って少しでも楽になるように。

せめて、二頭のリードが持てる位迄。

頑張っていきますよ(*´∇`)

暗い話で申し訳有りませんでした。


あっ!!

私は元気です(*´∇`)


[PR]
Commented at 2016-03-27 00:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Rotty1123 at 2016-03-27 21:23
鍵コメさん。

有り難うございます。
夫もかなりご立腹でした。
でも、なってしまったものは仕方がない。
確かに、命に関わったり、傷害が残ったりなんて事態では、こんな落ち着いた事は言っていられませんが。

医療訴訟って難しくて、正直、この程度では勝ち目無いです。

揉めるよりはしっかり診てもらう選択を私はしました。

私も医療人ですからね。
でも、違う仕事をしていたらこんな考えには慣れなかったかもしれません。

今は、肋間神経痛の痛みはまだ多少有りますが、痛み止めで誤魔化せる位になってきましたよ。

いつもありがとうございます(*´∇`)
名前
URL
削除用パスワード
by Rotty1123 | 2016-03-26 22:55 | 飼い主の事 | Comments(2)